FC2ブログ

あなたの作業はあなたの技術と釣り合っている?

ぺぐ

みなさんこんにちは。

模型で途中でなげださないためにはどうすればいいでしょうか。
つまり、製作途中で投げ出さない、やめない、浮気しないなど。


ていうか、そもそも、模型で完成品ができない。というのは「意思が弱いから」、と考えてはいませんか?

では意志力とはそもそもなんでしょう。

意志力とは
簡単に

意志力とは

自分をコントロールする力。誘惑に負けず必要な事をやり抜く力

です。

模型でいうと、苦しい作業が発生したときに、それを我慢してやりぬく力ですね。

それがないから完成品があがらないんだ
と考えると思います。いやはや全くその通りですが、それは完成品が上がらない一側面ですね。

完成品が上がらない=意志力が弱いことのみ

とはならないと思います。

なぜなら作品ができるかどうかは環境によっても変わってくるからです。
例えば、自分の健康、自分の部屋の状況、自分の作業台の状況、過程状況、製作物の完成までの必要工程、あと生物学的な人間の脳の構造などなどです。

今回については

自身の技術力と、その製作物の製作過程が釣り合わないから、作業をが拒否して完成品が上がらず投げ出してしまう。


この現象についてなぜ起きてしまうか、人間の脳構造を踏まえて書いていきます。

人間の脳みその話ですね。


脳



人間の脳みそはなんとなんと



基本的に新しいことが嫌いです。






人間は基本的に、安全エリアがあって、学術的には「コンフォートゾーン(Comfort zone)」といいます。
(直訳すると安心領域)
それを出ると脳は拒否反応が出ます。
人類がまだマンモスを狩っていたといわれるころ、いつも新しい狩場に行っていては帰ってこれなかったり、よくわからない猛獣に殺されますよね。だからこそ新しいことをしすぎない安全エリアが必要だったといわれています。

模型でいうと新しいことをやりすぎると、途中で作品を投げ出してしまういわゆる「おてつき」が発生するのです。
しかも何がたちが悪いって、人間はこの現象が起きると安全エリアを狭めて新たな挑戦を難しくしてしまうということです。
(現状維持バイアス、損失回避の原則などなどがあります。)
だから自分の技術と釣り合わせて、それを出ないようにするのが作品を上げるうえで大切なんですよね。

しかし、そうだからと言って、それじゃあ新しいことができないじゃないか!
ってなりますね、一向に技術が進まないではないかと。

実はこのコンフォートゾーン、抜け道があって、ちょっとだけはみ出るくらいなら脳みそは許してくれます。
あ、ここならまだ自分のエリアが見えるから、ちょっとぐらいならはみ出すの許してあげる。と
しかも、エリアからうまく出れると、ちょっとだけ安全エリアと挑戦エリアが広がっていきます。

まぁ例えるなら
脳みそちゃん
「べ、別に、安全エリアをちょっとはみ出るくらいなら許してあげてもいいんだからね!でも戻ってこれる範囲じゃないと許してあげないんだからね!!」

ってかんじ

そのため重要なのは、ちょっとだけ新しいことをすることです。
まるでだるまさんがころんだでちょっとずつ近づくようにほんのちょっぴりずつです。
できなきゃ投げ出して浮気となる確率がぐっとあがり負のスパイラル…
そうならないように気を付けましょう。


今までの話を図で表すとこんな感じ

コンフォートゾーン


なるべく自分の技術力を把握し、緑~青くらいの挑戦で頑張り緑、青エリアを広げましょう。
赤まで行くと、拒否が生まれるので、そうならないように…
仮に赤までいってうまくいっても、継続して次がうまくいく可能性はあるのかも疑問ですし多分うまくいかない(自らの経験則)

最後に模型の例として、
いきなり、模型の作例完成レベルはきついから、
①部分塗装を頑張ろう
②シャープ化を頑張ろう
③全塗装を頑張ろう


①と②を頑張ろう   ②と③を頑張ろう ①と③を頑張ろう  ①~③全部頑張ろう

ダイエットとかも一緒ですよ。
まずは、金曜日の一回だけ健康食 → 月金健康食 → 月水金健康食きという感じです。
ちなみに私はこれやってかなり食事改善しました(笑)
食事は意志力、集中力のパフォーマンスに直結しますからね。


今回の話は以上になります。
ではでは。

参考
『WILLPOWER』
『学力の経済学』
『経済は感情で動く』
『ライフハッカー』コンフォートゾーンとは何か? そこから抜けだし成長するための近道は
https://www.lifehacker.jp/2014/07/140727comfortzone.html
スポンサーサイト



Posted byぺぐ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply