FC2ブログ

筆塗の強い味方 トップコートとフラットベース。これを知るだけで筆塗が楽になるかも?

ぺぐ

今回はトップコートやつや添加剤の話です。(主につや消しクリアーの話)です。


筆塗の強い味方、といえばつや消しクリアーやフラットベースですね。
それぞれの効果がありまして、今回はそれを紹介します。
②以降は個人的にはクレオスのつや消しを使うのが効果が高い気がするのでおすすめです。

つや消し つや消し2


①フラットベースを混ぜて、光沢系の塗料を塗れば、筆跡をごまかせる

こちらについてはいきなりトップコートとは外れますが、つや消し調整剤の話です。、『水溶きアクリル塗装法』という本や、『田中式筆塗術』という本にも書いてある通り、きわめて筆塗の強い味方となります。つや消すことで筆跡をごまかすことができます。



②塗装後に、クリアーを吹くことで、表面を平滑にし、筆ムラを隠し塗装面をきれいに見せることができる(光沢系クリアーでも可)

これはガタガタの表面に、クリアーを吹くことで、テカリを消してくれる効果があるからですね。」
「筆ムラなんてある程度出るんだから気にするな!最後につや消しクリアーを吹けばだいたい何とかなる!」
というのは様々な書籍に書いてある通り、ある意味塗装での無敵のツールとなっています。
(ガタガタのテカリを消して、さらにクリアーの蓋をして平滑にしているため)
例『ノモ研』『HJ』『モデルアート』

光沢系クリアーの場合、表面が波打っている状態をさらに厚くする感じになりますので、いったん削ったほうがかっこよくなります。
つまり筆でも光沢モデルって意外と作れるんですよね。

クリアー層 クリアー層2

※実際の図よりは、クリアー層は波打たないと思います。(経験則)
粒子の粒が付着することでガタガタ面を滑らかにするため。

個人的に②はもう少し研究したい話題です。

③ウェザリングなどのお化粧前の下ごしらえ

シャドウや、ウェザリングをする際に、事前に吹くことによって、表面に微細な凹凸を作り出すことができます。
これによって、パフなどでこすりつけるタイプの乾いた塗料を定着しやすくしたり、粒子の流れが悪くなることで、表面をぼかしやすい状況にして筆などでのシャドウを行いやすくしてくれる効果があります。
これは、ミリタリーモデルの雑誌とかに多めです、あと、電撃のHOWTOページなどにも載っています。



④事前につや消しクリアースプレーを吹くことでエッジ部分に塗料を乗せやすくする。

表面に微細な粒子をができるので、表面積が拡大。結果エッジ部分にも表面積が拡大し、塗料が乗りやすくなります。
シャープなパーツにおすすめ。あと筆塗は全般通してエッジに塗料が乗りにくいので、下ごしらえとして極めて優秀
ちなみに光沢、半光沢は表面を滑らかにする効果があるので、むしろ塗料をはじいてしまう可能性があるので注意。



次は⑤なのですが…

今回メインとなる話ですが、これらに該当しない別の効果です。
すみませんが、こちらは原理を特定できておりません。
あくまで私の実験での結果から言えることですが、とても便利な効果ですし、筆塗のハードルを下げてくるのではないか、ということで紹介していきます。

⑤数回重ね塗りをした後に、つや消しクリアーを吹くことで、その後の隠ぺい力が上がる、加えてその後の筆ムラ予防にもなる。


実は過去にこの方法を取ったモデルがありました。
それは

ガンダムF90 IIなんですよね。

F90II 2

なにかもうつやつやになって、いったんもうつや消しで筆村をいったん消して、精神安定を測った結果、ものすごく塗りやすくなったんですよね。とくにシールドなどの大きい面積の部分のベタ塗り

そして今回コンボイの塗装中にこのことを思い出して、目的としては、現在の塗膜の保護と、紙やすりでホコリ取るときにエッジ剥げてきたからその修繕のために②④の目的で行いました。⑤の検証も兼ねてますが。

結果は、②④のほか、明らかに隠ぺい力が上がり、なかなか発色しない部分もしっかり発色し、きれいに濡れて、筆ムラ予防にもなりました…なぜ?

ちなみに過去に「半光沢、光沢」などでも実験しましたが、半光沢、光沢はむしろ塗料をはじいてしまうので、そもそもの塗装に支障が出る感じでした(特に水性)


取りあえずコンボイで起きた現象をまとめると。
2~3回塗った後にいったんつや消しクリアーを吹いて、また塗り始めると隠ぺい力が増す、筆ムラの予防にもなる。



【理由の考察】

(1)つや消しクリアーの粒子は荒く、その表面の凹凸によって、通常は平滑な面のみの一点で隠蔽しているが、つや消しスプレーを吹くことで、表面に粒が発生そ、断面的に考えると、上、右、左の三点に塗料がのり、それらが互いの透けを予防する。結果、単位面積当たりの隠蔽力が上がるのだろうか。

塗膜 塗膜2



(2)それとも、筆跡が粒子の凹凸でゆがむから?

という説を現状立てていますが、理由は不明ですし、当たっているかも不明、不確定な技術を提供するというの少し気が引けますが、確実に使える技術ですし、筆塗のハードルを下げてくれるものだと思います。
そのため、気が向いたら試してみて下さい。


最後につや消しスプレーの吹き方がクレオスから出ているので貼っておきます。
つや消しスプレー苦手って方はぜひ見てくださいませ。


スポンサーサイト



Posted byぺぐ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply